ファションテイストを考える

ファッションは季節によってさまざまな商品があり、その魅力溢れる洋服にどれを買うか迷わされるでしょう。このファッションというものはそのシーズンシーズン毎にコンセプトが異なります。もちろんその季節に合わせたファッションではありますが、ファッションのテイストというものが季節毎に入れ替わります。またファッションデザイナーやファッションブランドによってもこのテイストというものは変わります。

ファッションにおけるテイストとはいったいなにでしょうか。テイストとは英語で taste 、味わいや嗜好という意味を持っている言葉です。このファッションにおけるテイストとはどんどん豊富になり続けています。ですが反対に時代とともに廃れていくテイストもあります。ただ、ファッションの世界において10年一昔と捉えて、10年毎に流行が一周して戻って来るとも言われています。そのため、一概に流行が終焉を迎えたからもう二度とそのテイストはやって来ないということは言えません。

このようにファッションにおいては流行というものは常に変化を続けるもので、また続けなくては消費者の意欲をかき立てることは出来ないことから、常に新しいものを考案し続ける必要性がある業界です。またファッションにはシーズンがあるため四季、4シーズンと捉えるだけでも頻繁ですが、現在では端境期と呼ばれる夏と秋の間、冬と春の間など、その期間の商品も作られているため、シーズンの終わりを告げるバーゲンと端境期が同時に訪れるためファッションにおけるテイストの打ち出しも難しくなっています。これは目の前にあるバーゲンでの商品(在庫)を売りさばかなくてはいけないという現実と、新しいものに飛びつく消費者の心理がクロスしてしまい、今売らなくてはいけないものが売れず、販売するのは先でもよい商品が売れてしまうということが特に問題となっています。

こちらのサイトでは、初めての転職に必要なアドバイスが多数掲載されています